2012年12月アーカイブ

低金利の変動型住宅ローン

juutaku480.jpg

固定金利型の住宅ローンを利用するより、変動金利型で利用した方が、低金利でお金が借りられます。住宅ローンを変動金利制で借りた場合、半年に1度の頻度で金利が変わります。低金利ローンだったはずが、金利が高くなる可能性もあります。変動金利の住宅ローンの場合、金利自体の見直しは半年ごとにあります。

返済額の改定は5年ごとというのが一般的になっているようです。変動金利制は、際限なく金利が上昇するわけではありません。今までの住宅ローンの1.25倍より高い金額に設定することは法律によって禁じられています。バブル期にくらべると金利は格段に低くなりましたが、低金利であればあるほど住宅ローンの返済には有利になります。金融会社の中には0%すれすれの低金利で融資をしているというところもあるといいます。長期的に金利の変化を考えた場合、住宅ローンの変動金利は以後増えることがあります。元金がたくさん残っていると、住宅ローンの返済は大半が利息ぶんの返済になります。

住宅ローン自体の元本がなかなか減らないというデメリットがあります。変動金利で住宅ローンを利用し、以後の金利上昇を避けたいと考えているなら、低金利のうちに返すといいでしょう。住宅ローンの借入金そのものをいかに早く減らせるかです。住宅ローンを変動金利制で利用する人は、低金利であることを理由にする人もいますが、将来的な見通しも重要になってきます。

低金利時代の住宅ローンの特徴

住宅ローンは、低金利という状況を上手に使うことです。住宅ローンをできるだけ低金利で組むためには、さまざまなことを事前に確認しておく必要があります。低金利で融資を受けたいのであれば、固定金利でなく変動金利で住宅ローンの申込みをしてください。

近年はずっと、低金利での融資が続いています。国内金利が上がっても下がっても変わらないのが、固定金利の特徴です。金利は最初に決められているもので、変えることはできません。国内の経済情勢は回復の見通しがなく、低金利状態から変わりません。固定金利で住宅ローンを利用しているという人は大勢います。フラット35やフラット35Sのような、建てる家の条件や借り入れする人の条件によって、さらに低金利で住宅ローンが組めるケースもあります。特に低金利時に組んだ固定金利の住宅ローンは後の金利推移の影響はほとんど受けないのが最大のメリット。

住宅ローンを含んだライフプランが立てやすい面でもおすすめです。固定金利による住宅ローンは、今は低金利であってもこれから金利が上がる、いわゆる景気の底の状態の時に、需要が高まります。経済情勢が良くない時は、金利も低く預金につく利息もわずかです。ですが、低金利を利用して住宅ローンを組めば、金利を味方につけることができます。

住宅ローンと低金利

住宅ローン融資を受けるに当たっては、可能な限り低金利のものを探すと返済負担が軽くなります。全額返済に長くかかってしまうほど、住宅ローンで借りるお金は大金です。毎月の返済金額を減らすためにも、低金利で借りる必要があります。不況や好況の変動によって金利が変わり、住宅ローン金利も当初の予定と異なる場合もあるといいます。事前によく調べておいたり、シュミレーションしておくことも大切です。

一般的に住宅ローンの金利は、全期間固定金利型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。変動金利型が、最も低金利となります。今は経済情勢が良くないけれど、今後伸びる可能性は十分にあると予想できる場合は、全期間の固定金利が結果的に低金利となる場合があります。固定金利はたとえ世の中の金利が上がっても、逆に低金利となったとしても、当初の金利のまま住宅ローンの利率は変わらないため、支払い金額は常に一定です。

一方で変動金利の場合は時々の金利推移によって、利率も大きく変わっていくというのが最大の特徴です。低金利での融資を希望しているのであれば、住宅ローンは変動金利型になります。最初は低金利でも常に金利が変化するので、今後金利が高くなることが予想されている時には想像以上に住宅ローンの支払い金額が増える可能性があることを理解しておく必要があります。

信販系カードローンの注意点

信販系のカードローンは、銀行系のローン会社の信用性と消費者金融系の手軽さ、両方のメリットを持ったものです。信販系カードローンは、金融会社を利用したことがないという人にも使いやすいローンですが、事前に知っておきたい知識は色々とあります。手続きが簡単で、誰にとっても使いやすい信販系のカードローンは、利用しすぎてしまう危険性があります。信販系のカードローンは、クレジットカードを信販会社から発行してもらった時に、キャッシングとして使える付帯機能であることが大半です。クレジットカードを作る時に、ローンの金額を設定することが可能です。

クレジットカードを作ったばかりの頃はカードローンに興味がなかった人でも、軽い気持ちで利用するようになるのは珍しくありません。便利だからとどんどん借りていると、借入限度額いっぱいまで融資を受けてしまったという人もいます。ショッピングの支払いと合わせてリボルビング払いなどで、月々の支払額を少額に設定することができます。毎月の返済が楽になるのは良い面もありますが、全額を返済し終わるまでに長期間の返済を続けなければいけないというデメリットも存在します。

借りたお金を返し終わるまでずっと利息がつくため、低金利でも利息が高額になるのです。信販系のカードローンは、月々の返済金額を自動引き落とし方式にしているところも多いため、わざわざ前倒しで一括返済をしようとすると難しいこともあります。信販系のカードローンを使用する際には利率とともに支払い方法をあらかじめよく確認しておくことも注意したい点です。

信販系のカードローンの特徴

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとの、両者の特徴の真ん中くらいに位置取るカードローンとして、信販系があります。いわば、銀行系と信販系との両方の特徴を持っているローンといえます。信頼度の高いカードローンであることが、信販系会社から融資を受ける際に利点となります。

業務提携や統合、配合など、様々な動きが金融会社にはありました。最近では背後に銀行がついている信販会社も多くなり、経営への信頼度は高いといっていいでしょう。銀行系の金融会社と同じくらいの信用度が、信販系のカードローンにはあります。公平かつ適正な基準により審査を行って、融資をしていると考えられます。消費者金融系のカードローンより安全でかつ安心してカードローンを利用することができます。

信販系のカードローンは銀行を経由して行われないため、銀行系カードローンほどきつい審査ではありません。収入や就業状態に若干不安がある人でも、気軽に審査に応じてくれるといった特徴もあります。銀行系と比較しても遜色ないほどの金利の低さも、信販系カードローンの良さです。初めてのカードローンという場合でも、信販系カードローンはぴったりです。信販系カードローンが多くの人から使われているのは、お金を借りることに抵抗感がある人でも安心して使える様々な利点が備わっているからといえます。

信販系のカードローン

カードローンを信販系の金融会社で利用する人がいます。この頃は、社会人になればクレジットカードを作ることは当たり前になりました。何かを買った時やサービスを受けた時、支払いにカードを使う人は多いようです。近年では、クレジットカードを使って融資を受けるという、クレジットカードのキャッシング枠を使ったカードローン利用者が増えています。

カードローンは、クレジットカードで利用できるサービスとなります。信販系、銀行系、消費者金融系などいくつかのカードローンがあり、金利や利用限度額に違いがあります。銀行系のカードローンは銀行が関わっているということで、信頼度が高い金融サービスです。銀行がカードローン会社の経営母体として直接的に関わっている場合もあるようです。銀行系であることが、カードローン会社選びの決め手となる人もいます。

カードローンを利用する上で消費者金融系の強みは、審査の基準が銀行系や信販系より甘めに設定されているということが挙げられます。銀行系や信販系のカードローンを申し込んで断られた場合でも、消費者金融系のカードローンなら可能性があるかも知れません。対して、銀行系は低金利ですが審査が厳しいことが多いようです。消費者金融系と銀行系の中間くらいにあるものが信販系です。

銀行のおまとめローンを断られた場合

ginkou480.jpg

銀行のおまとめローンを断られた場合はどうすれば良いのでしょうか。最近はクレジットカード1枚あれば、気軽にキャッシングできます。ショッピングで作った借金をキャッシングで返している人も多いようです。カードローンでの借り入れがどんどん増え1社での限度額を超えると、更に2社、3社と増え続けるといった悪循環に陥ります。他のキャッシング会社での利用金額や、月々の収入が理由になって、銀行のおまとめローンを申し込んでも断られてしまうことも少なくありません。銀行以外でも、おまとめローンを扱っているノンバンクは存在しています。

銀行以外の消費者金融会社は審査条件も銀行より厳しくない面もあるので、おまとめローンをしやすい点ではとても魅力的です。よく確認しないと金利がとても高くなる場合もあるので注意が必要です。銀行系のおまとめローンを断られた場合は、すでにかなりの金額の借金があるケースが多いようです。銀行以外のローン会社のおまとめローンが使えても、返済が厳しい状況は変わらない人もいます。

おまとめローンは金利負担が軽くなるといったイメージが強いようです。実際は金利を確認してみないとそうとも言い切れません。どうしても返済し切れないような金額の借り入れがある場合もあるでしょう。おまとめローンを利用するよりも、債務整理や自己破産を視野に入れた方が良い事もあるので、専門機関に相談してみるのもいいでしょう。

おまとめローンを銀行で利用する

銀行からおまとめローンの融資を受ける人は増加傾向にあります。おまとめローンにはどんな特性があるでしょうか。複数の金融会社から借り入れをしている場合、実際の借入金額が分からなくなったり、支払い期日がいつなのか混乱するケースがよくあります。ローン返済を並行させるのが難しい時は、おまとめローンで1つにまとめると状況がシンプルになり、完済までの見通しが立てやすくなります。

特に最近多いのは、複数社のローンを利用しているクレジットカードローンの支払いを銀行系のローンにまとめてしまうというおまとめローンです。ノンバンクは融資を受けやすいですが、銀行などに比べると高金利になりやすいようです。銀行は低金利での融資が可能なので、おまとめローンによって返済総額を減らすことができる場合もあります。ただし、銀行系のおまとめローンは、審査がきつく設定されていることがあります。人によっては、ローンの申込みが通らないこともあるようです。おまとめローンは、銀行によって金利や審査の内容が違ってきます。興味のある人はいろいろ調べてみるのもいいでしょう。

銀行からのおまとめローンを受けたいという場合、審査でOKが出るかどうかの境目は、年収の三分の一を超えているかどうかだそうです。融資の希望額が年収の三分の一をオーバーしないように気をつけましょう。おまとめローンの申込みをする時は、いくらの融資で一本化ができるか、銀行に申し込む前によく計算をしましょう。

銀行のおまとめローン

おまとめローンを銀行から借り、今まで借りていた複数のローンを一本化する人が増加しています。近年はずっと経済情勢の低迷が続いています。決定的な打開策は見つからず、1人1人の生活も難しくなっているほどです。金利の低下の一方で、銀行にお金を預けても利息はないに等しい状態です。ゼロ金利と呼ばれる状態が長いこと続いています。金利が低いことを歓迎する人もいます。お金を借りたい人達です。現在の日本で利用できる住宅ローンの金利は、バブル崩壊前からすれば驚くほど低くなっています。経済情勢の悪化や金利の低さもあって、今の状態でローンを組んでいるという人は年々増えています。ローンの返済が負担になり、生活が難しくなることすらあります。

低金利の今特に最近注目されているのが銀行でのいわゆる、おまとめローンです。おまとめローンは、何社かのキャッシング会社からの融資を借り換えによって一本化してしまうというものです。低金利で大口の融資が可能な銀行のローンは、金利が高くなりがちなノンバンクよりおまとめローンに適しています。銀行系のおまとめローンは、他の金融機関より経営がしっかりしているので、悪質な取り立てなどがない安心感も人気の秘密のようです。銀行でのおまとめローンは誰でもできるわけではないので、事前の審査を受ける必要があります。