カードローンの最近のブログ記事

信販系カードローンの注意点

信販系のカードローンは、銀行系のローン会社の信用性と消費者金融系の手軽さ、両方のメリットを持ったものです。信販系カードローンは、金融会社を利用したことがないという人にも使いやすいローンですが、事前に知っておきたい知識は色々とあります。手続きが簡単で、誰にとっても使いやすい信販系のカードローンは、利用しすぎてしまう危険性があります。信販系のカードローンは、クレジットカードを信販会社から発行してもらった時に、キャッシングとして使える付帯機能であることが大半です。クレジットカードを作る時に、ローンの金額を設定することが可能です。

クレジットカードを作ったばかりの頃はカードローンに興味がなかった人でも、軽い気持ちで利用するようになるのは珍しくありません。便利だからとどんどん借りていると、借入限度額いっぱいまで融資を受けてしまったという人もいます。ショッピングの支払いと合わせてリボルビング払いなどで、月々の支払額を少額に設定することができます。毎月の返済が楽になるのは良い面もありますが、全額を返済し終わるまでに長期間の返済を続けなければいけないというデメリットも存在します。

借りたお金を返し終わるまでずっと利息がつくため、低金利でも利息が高額になるのです。信販系のカードローンは、月々の返済金額を自動引き落とし方式にしているところも多いため、わざわざ前倒しで一括返済をしようとすると難しいこともあります。信販系のカードローンを使用する際には利率とともに支払い方法をあらかじめよく確認しておくことも注意したい点です。

信販系のカードローンの特徴

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとの、両者の特徴の真ん中くらいに位置取るカードローンとして、信販系があります。いわば、銀行系と信販系との両方の特徴を持っているローンといえます。信頼度の高いカードローンであることが、信販系会社から融資を受ける際に利点となります。

業務提携や統合、配合など、様々な動きが金融会社にはありました。最近では背後に銀行がついている信販会社も多くなり、経営への信頼度は高いといっていいでしょう。銀行系の金融会社と同じくらいの信用度が、信販系のカードローンにはあります。公平かつ適正な基準により審査を行って、融資をしていると考えられます。消費者金融系のカードローンより安全でかつ安心してカードローンを利用することができます。

信販系のカードローンは銀行を経由して行われないため、銀行系カードローンほどきつい審査ではありません。収入や就業状態に若干不安がある人でも、気軽に審査に応じてくれるといった特徴もあります。銀行系と比較しても遜色ないほどの金利の低さも、信販系カードローンの良さです。初めてのカードローンという場合でも、信販系カードローンはぴったりです。信販系カードローンが多くの人から使われているのは、お金を借りることに抵抗感がある人でも安心して使える様々な利点が備わっているからといえます。

信販系のカードローン

カードローンを信販系の金融会社で利用する人がいます。この頃は、社会人になればクレジットカードを作ることは当たり前になりました。何かを買った時やサービスを受けた時、支払いにカードを使う人は多いようです。近年では、クレジットカードを使って融資を受けるという、クレジットカードのキャッシング枠を使ったカードローン利用者が増えています。

カードローンは、クレジットカードで利用できるサービスとなります。信販系、銀行系、消費者金融系などいくつかのカードローンがあり、金利や利用限度額に違いがあります。銀行系のカードローンは銀行が関わっているということで、信頼度が高い金融サービスです。銀行がカードローン会社の経営母体として直接的に関わっている場合もあるようです。銀行系であることが、カードローン会社選びの決め手となる人もいます。

カードローンを利用する上で消費者金融系の強みは、審査の基準が銀行系や信販系より甘めに設定されているということが挙げられます。銀行系や信販系のカードローンを申し込んで断られた場合でも、消費者金融系のカードローンなら可能性があるかも知れません。対して、銀行系は低金利ですが審査が厳しいことが多いようです。消費者金融系と銀行系の中間くらいにあるものが信販系です。