住宅ローンの最近のブログ記事

低金利の変動型住宅ローン

juutaku480.jpg

固定金利型の住宅ローンを利用するより、変動金利型で利用した方が、低金利でお金が借りられます。住宅ローンを変動金利制で借りた場合、半年に1度の頻度で金利が変わります。低金利ローンだったはずが、金利が高くなる可能性もあります。変動金利の住宅ローンの場合、金利自体の見直しは半年ごとにあります。

返済額の改定は5年ごとというのが一般的になっているようです。変動金利制は、際限なく金利が上昇するわけではありません。今までの住宅ローンの1.25倍より高い金額に設定することは法律によって禁じられています。バブル期にくらべると金利は格段に低くなりましたが、低金利であればあるほど住宅ローンの返済には有利になります。金融会社の中には0%すれすれの低金利で融資をしているというところもあるといいます。長期的に金利の変化を考えた場合、住宅ローンの変動金利は以後増えることがあります。元金がたくさん残っていると、住宅ローンの返済は大半が利息ぶんの返済になります。

住宅ローン自体の元本がなかなか減らないというデメリットがあります。変動金利で住宅ローンを利用し、以後の金利上昇を避けたいと考えているなら、低金利のうちに返すといいでしょう。住宅ローンの借入金そのものをいかに早く減らせるかです。住宅ローンを変動金利制で利用する人は、低金利であることを理由にする人もいますが、将来的な見通しも重要になってきます。

低金利時代の住宅ローンの特徴

住宅ローンは、低金利という状況を上手に使うことです。住宅ローンをできるだけ低金利で組むためには、さまざまなことを事前に確認しておく必要があります。低金利で融資を受けたいのであれば、固定金利でなく変動金利で住宅ローンの申込みをしてください。

近年はずっと、低金利での融資が続いています。国内金利が上がっても下がっても変わらないのが、固定金利の特徴です。金利は最初に決められているもので、変えることはできません。国内の経済情勢は回復の見通しがなく、低金利状態から変わりません。固定金利で住宅ローンを利用しているという人は大勢います。フラット35やフラット35Sのような、建てる家の条件や借り入れする人の条件によって、さらに低金利で住宅ローンが組めるケースもあります。特に低金利時に組んだ固定金利の住宅ローンは後の金利推移の影響はほとんど受けないのが最大のメリット。

住宅ローンを含んだライフプランが立てやすい面でもおすすめです。固定金利による住宅ローンは、今は低金利であってもこれから金利が上がる、いわゆる景気の底の状態の時に、需要が高まります。経済情勢が良くない時は、金利も低く預金につく利息もわずかです。ですが、低金利を利用して住宅ローンを組めば、金利を味方につけることができます。

住宅ローンと低金利

住宅ローン融資を受けるに当たっては、可能な限り低金利のものを探すと返済負担が軽くなります。全額返済に長くかかってしまうほど、住宅ローンで借りるお金は大金です。毎月の返済金額を減らすためにも、低金利で借りる必要があります。不況や好況の変動によって金利が変わり、住宅ローン金利も当初の予定と異なる場合もあるといいます。事前によく調べておいたり、シュミレーションしておくことも大切です。

一般的に住宅ローンの金利は、全期間固定金利型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。変動金利型が、最も低金利となります。今は経済情勢が良くないけれど、今後伸びる可能性は十分にあると予想できる場合は、全期間の固定金利が結果的に低金利となる場合があります。固定金利はたとえ世の中の金利が上がっても、逆に低金利となったとしても、当初の金利のまま住宅ローンの利率は変わらないため、支払い金額は常に一定です。

一方で変動金利の場合は時々の金利推移によって、利率も大きく変わっていくというのが最大の特徴です。低金利での融資を希望しているのであれば、住宅ローンは変動金利型になります。最初は低金利でも常に金利が変化するので、今後金利が高くなることが予想されている時には想像以上に住宅ローンの支払い金額が増える可能性があることを理解しておく必要があります。