おまとめローンの最近のブログ記事

銀行のおまとめローンを断られた場合

ginkou480.jpg

銀行のおまとめローンを断られた場合はどうすれば良いのでしょうか。最近はクレジットカード1枚あれば、気軽にキャッシングできます。ショッピングで作った借金をキャッシングで返している人も多いようです。カードローンでの借り入れがどんどん増え1社での限度額を超えると、更に2社、3社と増え続けるといった悪循環に陥ります。他のキャッシング会社での利用金額や、月々の収入が理由になって、銀行のおまとめローンを申し込んでも断られてしまうことも少なくありません。銀行以外でも、おまとめローンを扱っているノンバンクは存在しています。

銀行以外の消費者金融会社は審査条件も銀行より厳しくない面もあるので、おまとめローンをしやすい点ではとても魅力的です。よく確認しないと金利がとても高くなる場合もあるので注意が必要です。銀行系のおまとめローンを断られた場合は、すでにかなりの金額の借金があるケースが多いようです。銀行以外のローン会社のおまとめローンが使えても、返済が厳しい状況は変わらない人もいます。

おまとめローンは金利負担が軽くなるといったイメージが強いようです。実際は金利を確認してみないとそうとも言い切れません。どうしても返済し切れないような金額の借り入れがある場合もあるでしょう。おまとめローンを利用するよりも、債務整理や自己破産を視野に入れた方が良い事もあるので、専門機関に相談してみるのもいいでしょう。

おまとめローンを銀行で利用する

銀行からおまとめローンの融資を受ける人は増加傾向にあります。おまとめローンにはどんな特性があるでしょうか。複数の金融会社から借り入れをしている場合、実際の借入金額が分からなくなったり、支払い期日がいつなのか混乱するケースがよくあります。ローン返済を並行させるのが難しい時は、おまとめローンで1つにまとめると状況がシンプルになり、完済までの見通しが立てやすくなります。

特に最近多いのは、複数社のローンを利用しているクレジットカードローンの支払いを銀行系のローンにまとめてしまうというおまとめローンです。ノンバンクは融資を受けやすいですが、銀行などに比べると高金利になりやすいようです。銀行は低金利での融資が可能なので、おまとめローンによって返済総額を減らすことができる場合もあります。ただし、銀行系のおまとめローンは、審査がきつく設定されていることがあります。人によっては、ローンの申込みが通らないこともあるようです。おまとめローンは、銀行によって金利や審査の内容が違ってきます。興味のある人はいろいろ調べてみるのもいいでしょう。

銀行からのおまとめローンを受けたいという場合、審査でOKが出るかどうかの境目は、年収の三分の一を超えているかどうかだそうです。融資の希望額が年収の三分の一をオーバーしないように気をつけましょう。おまとめローンの申込みをする時は、いくらの融資で一本化ができるか、銀行に申し込む前によく計算をしましょう。

銀行のおまとめローン

おまとめローンを銀行から借り、今まで借りていた複数のローンを一本化する人が増加しています。近年はずっと経済情勢の低迷が続いています。決定的な打開策は見つからず、1人1人の生活も難しくなっているほどです。金利の低下の一方で、銀行にお金を預けても利息はないに等しい状態です。ゼロ金利と呼ばれる状態が長いこと続いています。金利が低いことを歓迎する人もいます。お金を借りたい人達です。現在の日本で利用できる住宅ローンの金利は、バブル崩壊前からすれば驚くほど低くなっています。経済情勢の悪化や金利の低さもあって、今の状態でローンを組んでいるという人は年々増えています。ローンの返済が負担になり、生活が難しくなることすらあります。

低金利の今特に最近注目されているのが銀行でのいわゆる、おまとめローンです。おまとめローンは、何社かのキャッシング会社からの融資を借り換えによって一本化してしまうというものです。低金利で大口の融資が可能な銀行のローンは、金利が高くなりがちなノンバンクよりおまとめローンに適しています。銀行系のおまとめローンは、他の金融機関より経営がしっかりしているので、悪質な取り立てなどがない安心感も人気の秘密のようです。銀行でのおまとめローンは誰でもできるわけではないので、事前の審査を受ける必要があります。